オカメインコの基礎知識


オカメインコの故郷

原産はオーストラリアで内陸部荒地の低木の茂みで生活していますが
常に水の近くにいるそうです。時には群れを成して農作物を食い荒らす
そうですから農民には歓迎される鳥ではないのでしょうね。飛翔速度は
オーストラリア1と言われます。広い大地を飛び回っている写真はここ
これもいいよ

 原産国の気候が似通っているので日本でも飼いやすい品種です。
同じ故郷のセキセイインコと一緒で冷暖房の必要はありませんが
生まれて初めての冬は寒さで体調を崩す個体も居ますから健康状態に
注意し体調が悪いようなら暖房してあげて下さい。

オカメインコの名称由来

見た通り頬に有るオレンジの丸がおかめお面に似ているから。
英名はCockatiel(コッカテール)学名はNymphicus hollandicus。
YouTubeで検索すると世界の色々な動画が見られます。

原種と色変わり

オカメインコの原種は「並」や「ノーマル」と呼ばれている顔が黄色く
全体がグレーの品種です。これと同じ姿のオカメがオーストラリアの
大地を今も飛び回っている訳です。

オカメの色変わりはほっぺの色、全体の羽色と斑の出方、及びその
組み合わせにより変化します。一番ポピュラーなのが「白オカメ」と
呼ばれているルチノーです。一般にルチノーは黄色、白い鳥は
アルビノと呼ばれていますが、オカメインコの場合はルチノーが
あまり黄色くならず白ぽっくなるため「白オカメ」と呼ばれています。
ショップで一番人気の品種です。

 羽色の変化ではこの他にシナモン、シルバー、エメラルド等の
品種があり、ほっぺの色では普通の赤ほっぺ、全くほっぺが赤く
ならないホワイトフェイス、薄い黄色のパステルフェイス等があります。

詳しくは品種別写真館をご覧下さい。

大きさや特徴など
飼鳥としては比較的大型の部類になりますがインコ類の中では
中型に分類されます。全長は30〜35cm程でその半分は長い尾羽に
なります。オカメインコの特徴は冠毛とオレンジのチークパッチです。
このチークパッチが日本名「オカメインコ」の由来です。
大型のオウムのような冠毛は逆立ったりぺたんと寝たりして
その時の気分を的確に表現してくれます。指は前後に二本づつ
分かれていて物を掴むのに都合良くできています。歩き方も
スズメなどのようにはね歩きでなく人間のように片足ずつ交互に
運んでトコトコ歩きます。

性格
一言で言えばほっこりマッタリ。こんなにそばに居てなごむ鳥を
私は他に知りません。肩に止まってジッとしていたり、髪に頭を
突っ込み髪浴びをしてみたり、頭を傾けて掻いて〜と甘えたりと
ホントに和ませてくれます。手乗りなら噛んでも甘噛み程度で
出血するほどに強く噛むことは殆どありません。手乗りのオカメに
噛まれて「痛い!」と思ったことは一度も有りません。小さな子供が
いても安心です。もちろん荒鳥はザックリ噛みつきますので荒鳥を
捕まえる時には注意が必要です。
ただ、チョット臆病なので夜中に小さな物音でバタバタ暴れて羽軸を
折って出血していることもあります(オカメパニックと言います)
飛翔力は強く、逃げ出したオカメが10km以上離れた所で保護される
事も度々あります。その割には飼主の所へはトコトコ歩いて寄って
くるのでこれもまた和ませてくれます。

オカメインコの食事
主に穀物種子です。国内では稗、粟、キビ、カナリーシードなどを
混合した物を与えています。セキセイ、文鳥、十姉妹などに与えて
いる餌と同じものを与えて下さい。中型インコ用やオカメインコ用と
書かれている餌は強すぎて運動不足だと太り過ぎてしまいます。
 副食にヒマワリや麻の実、蕎麦、燕麦等を与えますがこの辺りは
飼主の趣味により変わっています。
特にヒマワリは大好きなので与え過ぎには注意して下さい。運動不足
な鳥はすぐに脂肪過多(デブ)になってしまいます。この他に青菜や
ボレー、塩土等を与えます。

しかしオウムだからとヒマワリだけ与え15年以上生きた個体も居ますし、
プロブリーダーの間では他の鳥種に与えた餌の残りを放り込んでおけば
それでOKと言われていたくらいですから十分に運動出来る広さであれば
粗食でも問題はないようです。

 穀物種子の代わりにペレットと言って各種穀物飼料の粉末を固めた
餌を与えている飼主も増えています。ペレットについては私は消極的で
知識もありませんから他のサイトで調べて下さい。ただ、我が家のヒナは
ケイティーのパウダーフードを与えていますからケイティーのペレットなら
味が似ていて抵抗がないかもしれません。(未確認)

寿命
病気や事故がなければ15〜20年と言われていますがそこまで生きなかった
と言って悲しむことは無いと思ってます。10年以上生きてくれれば充分に
長寿です。
中には36年も生きた記録があるそうですが個体差です。
寿命が長いぶん成鳥になるには1年ちょっとかかります。

 繁殖は生後一年以上経ってから行います。 ペアで飼っていると
生後4〜5ヶ月すれば交尾の真似事を始めますが交尾しているからと
いって生後半年程度では絶対に巣箱を入れないで下さい。

繁殖は早くても生後一年以上経ってからです。著しく寿命を縮める事に
なります。

オカメインコの入手法
専門店が知識も豊富で一番ですが最近は町の小鳥屋さんも
少なくなりホームセンター内のペットショップが一番身近になって
しまいました。しかし単価面で犬猫に劣るため力を入れていない
店が多く感じます。小鳥、小動物コーナーに小鳥の好きな店員
さんが居れば仲良くなり色々な情報が仕入れられると思います。
繁殖経験が有ったり強制給餌が出来れば心強いですね。
逆に小鳥好きな店員さんの居ないお店だとあまり期待は出来ません。
雌雄も見分けられず問屋に教えてもらった事しか話せません。

大都市圏には専門知識を持ったお店がいくつも見つかりますが
地方都市ではなかなか難しくなります。そんな時にはネットで
アマチュアブリーダーを探してみましょう。多数のペアを飼い
専門的に繁殖している方もいれば愛鳥が繁殖して里親を探している
飼主も居ます。「とりっち」と言うコミュニティーサイトも有りますから
覗いてみましょう。

個体の選び方
ケージの中で一羽寝ている鳥は避けましょう。元気にエサくれ〜と
寄ってくる子が良い。まぁ全部の鳥が寝ていたらお昼寝タイム・・・
一人餌になった鳥なら人の方へ寄ってくる子。健康状態は元気度や
おしり、ケージの糞をチェックして下痢や消化不良をチェックすれば
おおよそ検討がつくでしょう。

体格は大きい方が良いのですが、それよりはずっしりした個体を
選びましょう。一人餌になる前は飛びやすいように余分な脂肪は
とれてスリムになっていますから、ずっしりは少ないと思います。
その時はガッシリした鳥。体重の目安は80g以上です。ヒナの内は
抵抗力も弱いので食滞になった時でも体重があればしばらくは
持ちこたえます。その間に獣医師に診てもらうなど手を打てます。

遺伝的に小さな鳥もいれば親鳥が下手で成長の遅い鳥もいます。
お迎えした後の育て方も体格には影響しますから最優先は元気度です。

繁殖するなら親鳥の品種がわかったほうがどんな品種が生まれるか
予想できますが、ショップではそこまでの情報は得られない事が
ほとんどです。でもそれはデメリットにはなりません。元気が全てです。
初心者はあまりこだわらないこと。長く飼うことで知識は身につきます。
長く飼うために元気な個体を選ぶことが重要になります。

繁殖を考えるなら遺伝情報も欲しいですが、自身がその知識を持って
いなければただのうるさい客、、、

オスメスどちらを選ぶか。
雛鳥の頃から雌雄がわかるのは遺伝的に産み分けたかDNA鑑定で
調べた鳥のどちらかです。ま、これも判らないほうが多いでしょう・・・
「ほっぺが赤いほうがオス」なんてのはヒナのうちはほぼ適用できないと
思います。

 オスはおしゃべりや音マネが出来ますがよく鳴きます。春秋の発情期
には近所が気になることも有りますが、口笛ソングなどを覚えさせれば
人気者になって多少のうるささは我慢してもらえるかな? ま、小鳥ですから
犬に比べれば静かなモンです。

 メスは音マネなどは苦手ですが丹念に教えれば覚えると聞きます。
鳴声は静かなので近所への気がねが少ないでしょう。どちらかと言えば
静かに肩に止まって甘えてくるイメージです。ほっこりまったり度はメスの
ほうが上かな?
 それとパール模様が消えないこと。オスは成長するとパール模様は
消えてしまいます。メスはそのまま残りますし換羽でよりはっきりします。

卵秘を心配する人が多いのですが、メスの背中はさすっちゃダメ!
チークパッチや顎を掻いてあげていれば無駄な発情は予防できます。

 お住まいの状態や環境で雌雄の選択が必須になるかどうでも良いか
変わるでしょう。オカメのアマチュアブリーダーなら遺伝知識は持っていて
当然ですから雌雄を選びたいならブリーダーから直接手に入れるほうが
可能性が高くなります。ただ必ずしも産み分け出来るようにペアを組んで
いるとは限りませんのであらかじめ確認してみましょう。

挿し餌で育てるか一人餌になった子を手に入れるか。
挿し餌で育てると楽しいのですがオカメの挿し餌は難しい。初めて飼うのなら
一人餌になった子を手に入れましょう。「セキセイを粟玉で育てたことがある」
程度では無理です。

私が初めてオカメのヒナを手に入れた頃は2羽買って1羽育てば良いと
言われていたほどで、私の場合もそれが現実になりました・・・
今はその頃と違いネット上の情報も豊富ですし餌も良くなっていますが
当時はパウダーフードもなく粟玉で育てるのが普通でしたし、ほとんどが
台湾産の弱い鳥でしたから手乗りのオカメインコを飼っている人は珍しい
存在でした。いまでも挿し餌の失敗で落鳥してしまうことも時々有り、トラブルを
恐れ一人餌にならないと販売しないショップも見受けられます。我が家でも
オカメの挿餌経験がない方にはヒナではお譲りしません。せっかく親鳥から
引き離し私たち夫婦が育てたのに途中で死なせては悲しいから。


家へ連れ帰ってからの注意点
今まで1000羽以上繁殖して数多くの飼主にヒナをお渡ししていますが
時々有るのが引き取ってから「挿し餌を全く食べてくれない」と言う
緊急連絡・・・
臆病=神経質という訳ではありませんが環境が変わることで挿し餌を
食べなくなる子が居ます。

まず落ち着かせることです。保育箱に布をかぶせるなどして静かにします。
半日程度放置しても大丈夫です。今まで仲間が何羽も居たのに一羽だけに
なって不安な気持ちになってます。しばらく静かにしておき、お腹がすいた
頃を見計らって温かい挿し餌を与えてみましょう。食いついてくれれば
それでOK。

不幸にもそっぽを向かれたらバトル開始〜〜カーン

まず冠毛の状態を見てみましょう。
逆立っているなら緊張状態です。プラス横揺れしながらフッ!!フッ!!と言って
いればMAX緊張状態(^_^;; こんな時には無理しないで保温して放っておき
ましょう。体重のあるヒナなら1日位食べなくても死にません。

とは言っても飼主にとっては心配で仕方が無いですよね。

ショップやブリーダーの所でどんな餌を与えていたか聞いてあると思
います。同じ餌を暖かくして保育箱にタオル等を被せ人の顔が見えない
ようにしてスプーンだけ差し込み給餌してください。お腹が空いていれば
ほとんどの子はこれでガツガツ食べます。これを2〜3回繰り返せば覆いを
外しても食べるようになります。

一人餌になった子でも引き取られて2日位エサを食べない子も時々います。
オカメの飼育にはスキンシップがすごく重要です。オカメの顔を自分の
顔に近づけて耳のうしろや頭を掻いたり胸に抱いて同じ様に掻いて
あげましょう。繰り返しているうちに冠毛がスーと倒れて緊張がとけてきます。
気持ちよさそうに目をつぶって「キュ〜〜」なんて鳴かれると飼い主の方が
ノックアウト・・・負けずにこれでもかと遊んであげてベタベタにしちゃいましょう。


挿し餌のコツ。
一人餌になるまでは真夏以外は保温(加温)してそだてます。
パウダーフードや粟玉だけでなく小松菜をすり潰して挿餌に加えます。
その他必要と思われる飼料も加えますがそれぞれに工夫があり
我が家独自の方法もありますが企業秘密・・・。
オカメのヒナが落ちる一番の原因は食滞です。これを防ぐために
小松菜をあげましょう。

食滞
挿し餌は一日3〜4回与えますが前回の餌が順調に消化されソノウが
小さくなっていることを確認してから与えます。消化に時間がかかる
ようになったら要注意!!消化が遅いと感じたら差し餌を一回抜いて
保温温度を上げて様子を見ます。 食滞を起こしているヒナはエサが
下がっていかないのでお腹が空き通常より強くエサを欲しがります。
これに負けて餌を与えてしまうと次に述べる状態になり救命が難しく
なります。

ソノウが硬くなつて消化が悪いようならお湯を与えて揉みほぐし、
餌が消化されるまで挿し餌を止めます。逆にソノウがブヨブヨで
消化が悪い時は強制的に餌を吐き出させて十分暖かくして様子を
見ますが素人にはちょっと難しい状態なので信頼できる獣医師に
診察してもらったほうがよいでしょう。後者の場合は経験的に自家
看護ではほとんど助かりません。体重を毎日量りましょうと言う人も
居ますが順調に餌を食べ消化していればそんなに神経質にならなくても
大丈夫です。24時間以上ぷよぷよ食滞が改善しなければ思い切って
12時間挿し餌を止めます。体重が70g以上有ればそのくらい挿し餌を
止めても死ぬようなことはありません。暗くして活動量を減らした上で
断食させます。


一人餌への移行。
オカメのヒナは甘ったれで親鳥に任せたヒナでも巣立ち後1〜2ヶ月
経っても親に餌をねだっています。すごく甘ったれな子が多いのも
オカメの特徴です。欲しがるからといっていつまでも挿し餌を続けて
いるとそのう炎等になりますので注意しましょう。

羽が生えそろい羽ばたきの練習を始めたらそろそろ一人餌の練習を
始めます。保育箱の中に粒餌を撒いたり赤粟穂を入れたりして自分で
餌を食べるように仕向けていきます。この時期は鳥達も飛びやすい
ように減量を始めますから挿し餌をあまり食べなくなったら一人餌の
練習開始です。

昼間は保育箱から通常のケージへ移し一人餌の練習をし、夜間は
保育箱へ戻します。練習中はケージの糞切り網と止まり木は外して
おきます。これは床に撒いた粒餌を食べることを覚えさせるために
重要です。ちょっと不衛生とも思うのですがこの時期は目をつぶります。
止まり木があると本能で止まり木に止まってしまい粒餌に興味を示す
のが遅くなる為です。撒かれた餌を自分で食べるようになったら今度は
容器に餌と水を入れて与えます。この時床に直接置いたほうが覚える
のが早いでしょう。容器の中の餌を食べるようになったら止まり木と
糞切り網を付け餌入れなどをケージ所定の位置に付けて一人餌への
切り替え完了です。

一人餌練習中も必要に応じて挿し餌で栄養補給も行いますが回数が
多すぎると何時になっても一人餌に移行できませんから必要最小限に
とどめます。夜、寝る前に強制給餌をしておけば挿し餌をもらった自覚も
なく体重も増えますから一石二鳥・・・ん!?例えが悪いかな(^_^;;

一人餌になった子を手に入れた場合
挿し餌中の子を手に入れた場合と同様で緊張して餌を食べない子が
います。こんな子に対してはそっと捕まえて胸に抱いて頭や耳の部分を
カキカキしてあげましょう。最初は冠毛立ちまくりですがそのうちペタンと
倒れます。ここでも大事なのはスキンシップです。新しいケージ、環境に
馴れるまでは室内放鳥は控えたほうが良いのでそのままケージに
戻します。放鳥した鳥を捕まえる時はまず頭や顔を掻いてあげてから
確保します。人の手は掻いてくれる良い道具だと覚えさせましょう。


日常の飼育

寿命が長い分成鳥になるには一年半ほどかかりますのでその間の
運動量や餌で最終的な体格が決まります。一人餌になった頃は
小柄でも追い込みで一年運動させておいたら立派な体格になった
なんて事は良くあります。一日一回は放鳥して室内を勢い良く飛び回る
ように育てましょう。馴れの良い子はケージから出しても飛び回らず
飼主の廻りで遊んでいる子も多いのですがポンと放り上げて無理やり
飛ばせます。飛ぶ喜びを覚えさせ、同時に筋力を鍛え運動不足になる
ことを防止します。
犬猫のようなデブは個性にはなりません。
 ただ、体格が良い(大きい)事が良いとも限りません。性格の良い
鳥種ですから例え小さくたってオカメの良さに変わりは有りません。
元気に育って和ませてくれれば体格の大小は関係ないと思います。!

放鳥前にはケージの周りを掃除して外で餌を食べられないようにし、
お腹がすいたらケージに戻るよう躾けてみましょう。

ケージ
オカメインコは中型に分類される鳥ですから十分に運動できる容積を
考えるなら普通に売られているケージでは間に合いません。しかし
ほとんどの方は手乗りとして飼うのですから毎日放鳥してあげれば
ケージのサイズを小さくすることは十分に可能です。ペアで飼う予定なら
HOEIの465オカメなど大きめの物がお勧めです。手のりなら出入口が大きく
開くほうが出し入れが楽でしょう。

将来繁殖をしたいなら465でも狭くなりますからうさぎやフェレット用の
ケージも候補として考えます。小鳥用よりは若干使い勝手が悪い
ですがオカメは体が大きいので多少アミが粗くてもすり抜ける心配も
有りません。これなら繁殖中でも窮屈な思いはさせません。

ケージの網はメッキのものが良く、塗装物は囓って塗料が体内に入る
恐れが有りますが、最近のものは樹脂系の塗装なので危なくないかも
しれません。


止まり木
ケージに付属する止まり木はオカメには少し細いのでホームセンター
等で15〜18mmの丸棒を買いそれを切断して使用します。(商品名は
ラミン丸棒等) この他に自然木を使って止まり木を作っている方も
居ますが、ほとんどの場合金属製のケージでオカメが噛じれるのは
止まり木だけなので材質には注意したほうが良いでしょう。

カジりん棒
クチバシや爪の伸びるの防ぐと共に、ストレス解消の為に杉の木っ端を
ケージに入れておけば喜んでかじっています。放鳥時に壁紙などを
噛じることが少なくなるかもしれません。我が家の繁殖用ケージは木製で
金属は金網部分だけになります。ここで暮らしていますが嘴や爪が伸び
すぎる個体は見当たりません。齧ったり板の上を歩くことで良い具合に
摩耗するのでしょう。ケージに噛りやすい木材を入れておくことで爪や
クチバシが伸びすぎることを防止できると思います。塩土にも同様の
役目が期待できます。杉の木っ端はホームセンターで端材として売って
いるものでOK 。

逃亡防止
インコ類はその特徴の嘴と指で器用に入り口の扉を開けることをすぐに
覚えます。ケージから出て壁紙やケーブルを囓っていたり窓が空いて
いればそこから逃亡したりと良いことはありませんからケージの開閉部
にはナスカンなどで鍵を工夫しましょう。

エサ
普通にセキセイインコ用として売っている配合餌で十分です。中型インコ
用として売られている餌はケージ飼いのオカメにはちょっと強いと感じます。
これにえん麦やヒマワリをおやつ程度に少々与えます。ほとんどのオカメは
ヒマワリが大好きですから喜んで食べるからと言ってたくさん与えるとデブに
なっちゃいます。ケージの広さや運動量を考えてデブにならない程度に
あげてください。主食と副食を別の容器にすることで餌の掃除が楽に
なります。

 繁殖中の親鳥はヒマワリを主食のようにヒナに与えます。繁殖の予定が
あるならヒマワリ嫌いの鳥に育てないようにしましょう。その他に青菜、
ボレー粉、塩土も与えます。青菜は育雛中でなければ2日か3日おきで
構いません。オカメはフィンチ類に比べると餌ガラを外に飛ばさず気が
つくと餌入れの中はカラしか入っていないなんて事がありますから毎日
餌の残りを点検しましょう。餌入れを細かく振ってカラを上に集めたあと
吐息で吹き飛ばすか少し離れたところから掃除機で吸い取ってもよいで
しょう。(これはコツが要りますが慣れればうまく出来ます)

エサの洗浄
オススメしたいのは餌の洗浄です。一部のショップで磨き餌以外は泥や
埃でかなり汚れています。買ってきた餌を洗濯ネットに入れ流しやバケツ
の中で洗います。2、3回水を替えて洗えばほぼ綺麗になりますから
脱水して乾燥させます。種は水分を含むと発芽スイッチが入ると読んだ
ことがありますからあまり大量に洗わずに1〜2週間分の量に留めたほうが
乾燥も確実に出来ます。乾燥が不十分だとカビが生えるので注意。
保存は餌が呼吸できるように紙筒で。しっかり乾燥させるために雨の降り
そうな日は避けます。

詳しくはこちら

夏場は虫が湧かないように保存容器にニンニクを一個入れておきましょう。


保温
挿し餌中と若鳥の一回目の冬は過保護に保温してあげます。
翌年春になったら徐々に保温は止めましょう。ネット上では一年中
保温しろと間違った情報を流す飼主も居ますが常時保温をして育てて
いると抵抗力の弱い鳥になってしまいます。我が家の繁殖用のオカメは
一年中屋外で飼っていますしもちろん冬でも暖房は入れません。

動物愛護法により販売側も神経質になり成鳥になってからも保温しろ等と
買主に指導している店もありますが、本来オカメは保温の必要はありません。
保温の必要がなく屋外で飼える鳥だからこそ私は飼っています。


HOME