親の羽色によりどんな羽色のヒナが産まれるか考えてみましょう。

このページでは難しい理屈抜きでペアになる品種によって
どんな羽色のヒナが生まれるかを図示してみました。   
細かい解説はこちらから

ルチノー、シナモン、パール編(性染色体劣性遺伝)
  


オス親

メス親

オス雛

メス雛
です。


1.ルチノーとノーマル(スプリットなし)のペア

ルチノー♂
ノーマル♀
  ノーマル♂
ルチノー♀
ノーマル♂とルチノー
♀が産まれます。
ノーマルの♂♀が
産まれます。



上のペアから産まれたノーマル♂を
他のルチノー♀とペアにすると
ルチノーとノーマル(雌雄とも)が
産まれます。これはノーマルの
オスがルチノーの遺伝子を隠し
持っている(ルチノースプリット)
為です。       



2.シナモンとノーマルのペア

ノーマル♂と
シナモン♀
    シナモン♂と
ノーマル♀
ノーマルの♂♀が
産まれます。
ノーマル♂と
シナモン♀が
産まれます。

上のペアから産まれたノーマル♂を
他のシナモン♀とペアにすると
シナモンとノーマル(雌雄とも)が
産まれます。



3.ルチノーとシナモンのペア

ルチノー♂と
シナモン♀
    シナモン♂と
ルチノー♀
ノーマル♂と
ルチノー
♀が
産まれます
ノーマル♂と
シナモン
♀が
産まれます

上のペアから産まれたノーマル♂を
他のシナモン♀とペアにすると
    上のペアから産まれたノーマル♂を
他のルチノー♀とペアにすると



4.ルチノーとパールのペア
ルチノー♂
パール♀
    パール♂
ルチノー♀
ノーマルの♂とルチノー
♀が産まれます
ノーマル♂とパール♀
が産まれます



HOME    次へ

無断転載,配布を禁止します。

可愛いアイコンは阿部さんの作です。